女性の薄毛、これで解決しましょう

*

女性用育毛剤を選ぶ

女性の薄毛というのも深刻です。
女性は薄毛にならないというのも違うし、いろいろな原因で薄毛になりますね。

女性の薄毛は治りやすいと言われていますけど、そうかな?と思いますよね。
そんな簡単には生えてこない、というのが実感です。

女性の場合はげ方が男性と違って全体が薄くなる(びまん性薄毛)と言われますが、頭頂部も薄くなることがあります。
てっぺんが薄く透けて見えるというのはショックですよね~。

まぁ、頭頂部だったら部分ウィッグ(ヘアピース)でごまかすこともできますが。
でも、自毛と同じような髪質でないと目立ってしまいますね。
わからないようにしようと思うと部分かつらでもお値段が結構するものですよ。

女性の場合、薄毛の原因てどんなのがあるかちょっと書きだしてみます。

○ 加齢によるもの
○ ストレスによるもの(円形脱毛症など)
○ 出産や病気によるもの
○ 髪を縛っていて薄毛になるもの

こんな感じでしょうかね~。

加齢によるもの、というのは防ぎようがないところもありますが、これも個人差が大きいですね。
高齢になってもあまり髪が抜けない人もいるし、40代でもかなり薄い人もいます。

遺伝とか食生活、生活リズムなど、いろいろなことが原因になって、それが絡み合っているのだと思います。

また、髪の毛はストレスに弱いので、精神的なショックを受けて髪が抜けたり一気に白髪になることもあります。
一晩ではないにしても、短期間で髪が真っ白になったりすることもあるんですね。

女性は結婚するとストレスにさらされることが多いですよね。
子育てや夫の家族との関係、子供の親同士の付き合いなどなど、挙げればきりがありません。

そういう慢性的なストレスが強いと、髪にも悪い影響が起こるんですね。

女性にとって出産は体にもすごい負担をかけますね。
栄養を皆おなかの赤ちゃんに取られちゃう感じ。
もちろん、髪に大事なカルシウムも赤ちゃん優先になっちゃうんですね。

だから、産後の抜け毛などが起こるし、妊娠中だって髪の毛が傷んだり抜けることがあります。

出産によって髪が傷んでしまうのは誰しも起こることですが、適切なケアをせずに放置していると傷んだままになってしまうんですね。そしてそれは抜け毛や薄毛にもつながっていくと思います。

子育てのストレスでも髪に影響が出ると思うので、ほんとに女性は大変です!
出産年齢はまだ薄毛になる年代ではないと思いますが、この年代の時にきちんと栄養を取って、ヘアケアもいいものを使うのは大事なことなんじゃないかな、と思います!

出産や子育てが終わってひと段落すると、そろそろ加齢による抜け毛や薄毛が始まりますね。

こう考えると、女性はずーっとヘアケアに注意していないといけないということですね。
もし、ある程度の年齢になって髪が薄くなってきたな、と思ったら、早めに育毛剤などを使った方がいいと思います。
育毛剤の良しあしについては意見が分かれるところだとおもいますが、実際に育毛剤で抜け毛が止まったとか、髪が生えてきたということはあるんですね。

もちろん、皮膚から体内に取り込まれるので品質のいいものでないといけませんが。

私は薬をいきなり飲むよりまず育毛剤を試す方がいいかなと思いますね。
手軽だしお値段的にも安いということもありますが。

毛穴があって、毛根が死んでいなければ髪の毛って生えてくるそうなんですよ。
いや、実際は髪が生えているんだけど、すごく細くて柔らかいから生えていないように見えてしまうこともあるそうです。
こういう場合はお手入れ次第で髪の毛もきちんと太いものに戻ってくるということです。

よわよわしい髪の毛が生えている、ということは、髪の抜け代わりのサイクルがくるっているということなんですね。
もっと本来なら長いこと生えているはずなのに、短期間で抜け落ちてしまっているということです。

この狂ったヘアサイクルをもとに戻してやれば、髪も太くなるし、髪の量も多くなるということですね。

私もいくつか女性用育毛剤を使ってみましたが、べたつきやにおいなどもなくとても使いやすい!
育毛剤というのは髪につけるものではなくて頭皮につけるものなんですね。
だから髪から匂いがしたり、べたついたりということはないのです。

もし髪の毛についちゃったとしてもさらっとした液体みたいな感じなのでベタベタしません。
育毛剤を使った後にジェルなどで髪を整えても全く大丈夫です。
育毛剤を使っているなんてことはそばにいる人にもわかりません^^

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アーカイブ